フランクフルト総領事館からのお知らせ (不発弾処理)

・10月29日,フランクフルト市ガルス地区オイローパ通りの工事現場において,不発弾が発見されました。
・不発弾の処理に伴い,10月29日午後8時から,ガルス地区及びその周辺一帯において立ち入り規制が敷かれる予定です。

1.フランクフルト市消防局によりますと,10月29日,フランクフルト市ガルス地区のオイローパ通り(Europa Allee 90)の工事現場において,第二次世界大戦中に使用されたとみられる小型の不発弾が発見されたとのことです。不発弾の処理のため,午後8時から,ガルス地区オイローパ通り及びその周辺一帯(詳細についてはhttps://twitter.com/feuerwehrffm/status/1056926935002107910/photo/1)において立ち入り規制が敷かれる予定です。現在,消防では,次のとおり協力を呼びかけています。
【該当エリア居住者】
 10月29日午後8時までに,該当するエリア外への避難を完了してください。
規制解除は30日午前1時ころの見込みです。
【該当エリア非居住者】
 同日午後8時以降,該当エリア内への立ち入りが禁止されますので,同エリアには近寄らないようにして下さい。規制解除は同日午前1時ころの見込みです。
【高齢者や,障害等により自主避難が困難な方】
 フランクフルト市特別ホットライン(電話:069−212−111)に電話し,ご自身の住所をお伝え下さい。レスキュー班による避難サポートが行われます。
2.当該規制に伴い,規制区域を通行する全ての公共交通機関(Uバーン,Sバーン)が規制されます。
3.避難する際は,戸締まりを確実に行うとともに,火の元を確認してください。
4.規制解除の時期については,フランクフルト市消防局から発表されますので,以下のサイトでご確認下さい。
フランクフルト市消防局
HP:http://www.feuerwehr-frankfurt.de/
TWITTER:https://twitter.com/feuerwehrffm

【問い合わせ先】
在フランクフルト日本国総領事館
電話:+49−(0)69−2385−730
メール:konsular@fu.mofa.go.jp