総領事館からのお知らせ(事件情報-14歳少女被害に係る殺人事件の発生)

6月6日,ヘッセン州ヴィースバーデン市郊外の線路脇(雑木林)において,5月22日から行方不明になっていた14歳少女の遺体が発見されました。警察当局の発表によれば,少女を殺害した容疑者の男が逃亡先の国において,既に身柄を確保されているとのことです。
事件の概要については,下記をご参照ください。

https://www.polizei.hessen.de/dienststellen/polizeipraesidium-westhessen/broker.jsp?uMen=16870ee1-825a-f6f8-6373-a91bbcb63046&uCon=c973058e-fb87-d361-9b58-5444eebd4b09&uTem=8ed702cd-aff2-3941-cd47-a0a30165474d

!!! Tipp !!!
1.お子様を犯罪から守るためには,正しい防犯意識を身に付け,習慣づけることが必要です。特に小さなお子様のいらっしゃる方は,不測の事態に備えて,普段から「いか・の・お・す・し」についてお話ししていただくことをお勧めします。

【いか・の・お・す・し】
「いか」 知らない人について「いか」ない。
「の」  知らない人の車に「の」らない
「お」  「お」お声でさけぶ。
「す」  こわかったら大人がいるところに「す」ぐにげる。
「し」  どんな人が何をしたか,大人に「し」らせる。

2.子供達の周りには、多くの危険が潜んでいます。子供達を事件や事故の被害から守るためには、地域の大人達による保護に加え、子供達自身が、「自分の身を自分自身で守る」方法を知り、それを身につけていくことが必要です。  特に日頃から次のような点に注意してお子様と接していただくことをお勧めします。

 【チェックポイント】
○子供の行動を日頃から把握し、子供の変化を見逃さない。
○親子で通学路等の危険な場所をチェックするとともに、危険な場所について教えておく。
○何かあった時に逃げ込める場所や施設等の所在地,利用方法を教えておく
○万が一、被害に遭った場合に親に訴えやすいように、常日頃からコミュニケーションを図っておく。
○必要に応じて防犯ブザー、ホイッスル、GPS機能付き携帯電話等の防犯器具を持たせる。