総領事館からのおしらせ(すりにご注意)

12月9日午後,ラインラント・プファルツ州シュパイヤー(Speyer)市にて開催中のクリスマス・マーケット会場において,計4件のすり事件が連続発生し,シュパイヤー警察署が捜査を開始しました。事件に関する情報をお持ちの方は同警察署までご連絡下さい(電話:06232-137-253,メール:pispeyer@polizei.rlp.de )。事件の概要(https://www.presseportal.de/blaulicht/pm/117688/3811372 )は次のとおりです。

【事件概要】
12月9日午後3時30分から午後5時30分までの間,女性4人がすりの被害に遭った。犯人は女性の2人組(いずれも25歳くらい)で,被害者のリュックサックあるいはハンドバッグから財布を窃取した。犯人は,身長約160センチで,黒っぽい服装の由。

!!! 当館からのお知らせ !!!
 不特定多数の人が集まるクリスマス・マーケットのようなイベント会場では,これまでにも数多くの盗難被害が報告されています。犯人はスキのあるターゲットを中心にすりを敢行します。被害に遭わないために,次の観点を持って行動されることをお勧めします。
(1)人混みの中では警戒レベルを上げ,普段以上に周囲の状況に気を配る。
(2)人混みの中では,歩きスマホやヘッドフォンをしない。
(3)ハンドバック等は車道と反対側の手で持つ(ひったくり対策)。
(4)財布等の貴重品は上着の内ポケットやバック内の一番下に入れる。
(5)携行品,手荷物から目を離さない。カバンやバックは身体の前に抱え,上から手を添える。