総領事館からのお知らせ(連続放火事件)

報道等によりますと,本年5月1日にフランクフルト市内の韓国庭園パビリオンが放火され全焼する事件が発生して以降,これまで計5件の放火事件が連続して発生しています。いずれも午前3時〜午前4時の間に発生しており,犯行に燃焼促進剤が使われるなどといった手口から,警察では同一犯の可能性もあると見て捜査を進めています。それぞれの発生日と発生場所については以下(http://www.fnp.de/lokales/frankfurt/Brandserie-in-Frankfurt-Viele-Gemeinsamkeiten;art675,2804809,F::pic692,2037507 )のとおりです。
(1)韓国庭園パビリオン(Koreanischer Pavillon)
   発生日:5月1日
   発生場所:フランクフルト市ヴェストエンド地区グリューネブルクパーク(Grueneburgpark)内
(2)中国庭園パビリオン(Chinesischer Pavillon)
   発生日:6月1日
   発生場所:フランクフルト市ノルトエンド地区ベスマンパーク(Bethmannpark)内
(3)アトツェルベルク・タワー(Atzelbergturm)
   発生日:7月3日
   発生場所:ケルクハイム(Kelkheim)市
(4)ゲーテ・タワー(Goetheturm)
   発生日:10月11日
   発生場所:フランクフルト市ザクセンハウゼン地区ヴァルドシュピールパーク(Waldspielpark)内
(5)ヴァルドルフ幼稚園(Waldorfkindertagesstaette)
   発生日:10月23日
   発生場所:フランクフルト市ドルンブッシュ地区

!!! Tipp !!!
1. 一連の犯行は人通りが少なく,人目に付きにくい深夜未明に行われています。就寝前には自宅のみならず物置や車庫等も施錠するほか,家の周囲を常に明るくしておくなど,放火をさせない環境作りに努めて下さい。
2.家の周りの燃えやすい物は予め片付けておいて下さい。
3.自動車は可能な限り車庫等の安全な場所で保管するよう努めて下さい。
4.隣近所で声を掛けあうなど,地域ぐるみで放火防止に努めて下さい。