総領事館からのお知らせ(コロナウイルス)ドイツ国内の防疫対策 3月17日

●16日,メルケル・ドイツ首相は,新たに記者会見を行い,感染拡大のスピードを緩やかなものとするため,連邦政府と各州政府の間で合意した,社会生活上のさらなる接触制限措置につき発表しています。
●欧州各国における感染拡大を受けて,16日,日本政府は欧州各国に発出している感染症危険情報を更新し,ドイツ全土は「レベル1:十分注意してください」から「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」に引き上げられました。
詳細は以下の本文を良くお読みください。

1 ドイツ国内の防疫対策
 16日,メルケル・ドイツ首相は,新たに記者会見を行い,感染拡大のスピードを緩やかなものとするため,連邦政府と各州政府の間で合意した,社会生活上のさらなる接触制限措置につき発表しています。各州は,概ねこの合意に沿って制限措置を発表していますが,各州はこれに追加的な措置をとる場合もあります。概要は以下のとおりです。
https://www.bundesregierung.de/breg-de/themen/coronavirus/leitlinien-bund-laender-1731000 
(1)以下の施設は閉鎖されない。
食料品・飲料品販売店,宅配サービス,薬局,衛生・医療関連施設,ガソリンスタンド,銀行,郵便局,クリーニング店,コインランドリー,新聞販売店,卸売店等。これらについては,当面の間,日曜日の営業禁止が停止される予定。
(2)以下の施設は閉鎖される。
○バー,ナイトクラブ,ディスコ,酒場,その他類似の施設。
○劇場,オペラ座,コンサートハウス,博物館,その他類似の施設。
○見本市,展示,映画館,公園,体育館,宝くじ売り場,その他類似の施設。
○売春宿,その他類似の施設。
○(公共,民間を問わず)スポーツ関連施設,プール,フィットネススタジオ,その他類似の施設。
○アウトレットセンター,その他類似の施設。
○子供の遊び場。
(3)以下の行為は禁止される。
○サークル,スポーツ施設,レジャー施設における会合,市民学校,音楽学校,その他学校以外の教育施設(公共・民間を問わない)の施設の利用,バスによる旅行ツアー。
○教会,モスク,シナゴーグ,その他の宗教施設における会合。
(4)以下の規制が設けられる。
○病院,リハビリ関連施設,介護施設等の訪問の制限(面会は1日1回1時間。ただし,16歳未満の子供や呼吸器系疾患を伴う人の訪問は認められない)。
○病院,リハビリ関連施設,介護施設,大学,学校,幼稚園においては,14日以内にロベルト・コッホ研究所が指定する国内外のリスク地域に滞在した人物との接触禁止。
○新型コロナウイルスの拡散リスクを最小化するため,レストラン,食堂,ホテルではテーブル間の間隔を空け,訪問客数を抑制し,衛生上の措置を取ることを義務づける。
○ドイツ国内における宿泊は,必要な場合のみに限り,観光目的に利用できない。
○レストランは原則として,早くて朝6時に開店し,遅くとも18時に閉店しなければならない。

2 日本政府による感染症危険情報(レベル2への引き上げ)
 欧州各国における感染拡大を受けて,16日,日本政府は欧州各国に発出している感染症危険情報を更新し,ドイツ全土は「レベル1:十分注意してください」から「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」に引き上げられました。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2020T062.html#ad-image-0 
 また,ドイツ外務省は自国民に対して,国際航空交通の大幅な削減,検疫措置の導入など,多くの国で社会生活が大幅に制限されており,今後各国でさらなる防疫措置がとられることにより,ドイツへ帰国することが困難になることも考えられるとして,不要不急の国外渡航を控えるよう呼びかけています。
https://www.auswaertiges-amt.de/de/ReiseUndSicherheit/covid-19/2296762 
 ドイツに渡航・滞在中の皆様におかれては,感染の更なる拡大の可能性も念頭に,最新情報の収集と感染予防に万全を期してください。

3 ドイツ政府や日本政府の防疫対策など,下記の各項目につき,累次の注意喚起をとりまとめ,在ドイツ日本国大使館ホームページ上で公開しています。今後,状況の変化に応じて,随時内容を更新していきますので,ご確認ください。
https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html 

【参考】
■外務省海外安全ホームページ(ドイツ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_165.html#ad-image-0 
■ドイツ連邦保健省(新型コロナウイルスに係る最新情報)
https://www.bundesgesundheitsministerium.de/coronavirus.html 
■ロベルト・コッホ研究所(新型コロナウイルスに関するQ&A)
https://www.rki.de/SharedDocs/FAQ/NCOV2019/FAQ_Liste.html 
https://twitter.com/rki_de 
■ドイツ連邦外務省(渡航情報)(最新情報)
https://www.auswaertiges-amt.de/de/ReiseUndSicherheit/reise-und-sicherheitshinweise/letzteaktualisierungen 
■厚生労働省
○新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html 
○水際対策の抜本的強化に関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html 
○感染症情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html 
○咳エチケット
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html 
■世界保健機関(WHO)
https://www.who.int/health-topics/coronavirus 
https://twitter.com/who 
■在留届(3か月以上滞在される方)/ 「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html 
■スマートフォン用 海外安全アプリ 
https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html 

【お問い合わせ先】
在フランクフルト日本国総領事館
MesseTurm 34.OG, Friedrich-Ebert-Anlage 49, 60327, Frankfurt am Main
代表電話: +49-(0)69-2385-730(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
領事部メール: konsular@fu.mofa.go.jp 

このメールは,在留届,たびレジ,メールマガジンに登録されたメールアドレスに自動配信されていますので,返信はご遠慮下さい。たびレジ及びメールマガジンに登録された方で,当館からのメールの配信停止を希望される場合は,次のURLから停止手続きをお願いします。
(たびレジ簡易登録)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete 
(当館メールマガジン)
https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mailmz/menu?emb=frankfurt.de