総領事館からのお知らせ(事件)

1.10月7日(月)午後5時20分頃,ヘッセン州リンブルク市内の道路において,トラックが暴走し,付近を通行していた車両を巻き込む多重衝突事故が発生し,8人が負傷しました。警察はトラックを運転していたシリア国籍の容疑者(30代男性)を逮捕しましたが、トラックについては盗難車両であり,現在,警察がテロの可能性を視野に入れて捜査中とのことです。

2.ドイツでは,2016年12月,ベルリン市内中心部のクリスマスマーケット会場に大型トラックが突入し,9人が死亡するテロが発生しています。また,同年7月14日には,フランス・ニースにおいて,花火を見ていた観客の中に大型トラックが突入して80人以上の方が死亡するテロが発生しています。欧州各地では車両を始め,銃器・ナイフ等を用いたテロ事件が依然として発生していることから,改めて「いつ,どこでテロが起きてもおかしくない」という認識を持つことが大切です。

3.本件事故について邦人の被害情報には接しておりませんが,「ここは日本ではない」という意識を持ち,以下の対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)テロの標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等,安全確保に十分注意を払う。
 (※)観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。また,車両突入の場合,ガードレールや該当などの遮へい物がない歩道などでは危険が増します。

  
【西ヘッセン州警察本部発表】https://www.polizei.hessen.de/dienststellen/polizeipraesidium-westhessen/

【西ヘッセン州警察Twitter】
https://twitter.com/polizei_wh

在フランクフルト日本国総領事館
Generalkonsulat von Japan
MesseTurm 34.OG, Friedrich-Ebert-Anlage 49, 60327, Frankfurt am Main
代表電話:+49−(0)69−2385−730
領事部メール: konsular@fu.mofa.go.jp

このメールは,在留届,たびレジ,メールマガジンに登録されたメールアドレスに自動配信されていますので,返信はご遠慮下さい。たびレジ及びメールマガジンに登録された方で,当館からのメールの配信停止を希望される場合は,次のURLから停止手続きをお願いします。
(たびレジ簡易登録)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete 
(当館メールマガジン)
https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mailmz/menu?emb=frankfurt.de